睡眠障害・不眠改善サイト ぐっすりライフ

つらい睡眠障害・不眠を改善するために

ストレスなく、ぐっすり寝たい

「布団に入っているの全然眠くない・・・。」
「寝ているのに寝た感じがしないし、日中いつも眠くなってしまう。」
こんな睡眠に関するトラブルは非常に多くの方が抱えています。
例えば毎日6時間布団に入るとしたら、
それは一生の4分の1に布団で過ごしていることになります。
それだけ人生に費やすのですから、睡眠にかかわる悩みは深刻なものです。
「昔のようにグッスリ寝て、快適な日常を過ごしたい!」という方のために、
当サイトは睡眠に関するあらゆる問題や対策をご紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眠りと睡眠障害

まずは眠りってどういう役割があるのか、そして医師などに言われる「睡眠障害」とは何なのかを理解を深めることから始めましょう。
睡眠が私たちの体にどのように影響を与えているのかを知ることで、睡眠に関するモヤモヤ・不安を解消しましょう。

眠りに問題が出る病気

睡眠に影響を及ぼす病気は、非常に沢山あります。まずは睡眠障害を起こす代表的な病気をご紹介します。

眠れない!寝た気がしないという方は…
睡眠障害の中でも最も代表的なのが「不眠症」。布団に入っても眠れなかったり、途中で目が覚めたり、寝た気がしないという症状がみられる方は、ひょっとして不眠症かもしれません。

不眠症

命にかかわる病気を引き起こすことも
寝ているときに一瞬無呼吸状態になる「睡眠時無呼吸症候群」。自分では気が付かず、家族に指摘されることが多い病気。生活習慣病を引き起こす引き金になる可能性があるので、指摘を受けたら早めの治療がとても大切です。

睡眠時無呼吸症候群

日中に突如眠気に襲われる病気
どうしようもないぐらいの眠気が突然襲って寝てしまい、生活に支障が出るのが「ナルコプレシー」の特徴。車の運転時にこの症状が起きれば、重大事故を起こす危険性もあります。思春期の子供に多い傾向があります。

ナルコプレシー

寝ていると足がピクピク動く
睡眠中に足の筋肉がピクピク痙攣し、目が覚めてしまう「周期性四肢運動障害」。むずむず脚症候群を合併することも多く、その場合は足がむずむずして、眠れない状態にもなります。歳をとるにつれて発症が増加傾向にある病気。

周期性四肢運動障害

その他にも睡眠に影響を及ぼす病気は沢山あります!

睡眠に異常が起きる病気

不眠症だけではなく、過眠症、睡眠リズム障害など、睡眠そのものに何らかの異常を引き起こす病気をご紹介しています。

>>詳細はこちら

心・神経・内科的な病気が関係

心の病気、神経疾患や、"ぜんそく"などの内科的な病気が原因で、睡眠に影響を及ぼすことがあります。

>>詳細はこちら

その他

左記でご紹介した病気以外で、睡眠に影響を及ぼす病気についてご紹介しています。

>>詳細はこちら

あなたの睡眠障害を診てもらいましょう。

「眠れない」などの睡眠障害は軽視されがちですが、脳卒中などの重大な病気を引き起こすこともありますので、すぐにでも改善していくことが大切です。
自分では改善が難しい場合は医師に診てもらい、適切な治療を受けましょう。

検査ではあなたの睡眠障害の原因を探るため、まず問診になります。実は、問診でおおよその診断がすることが出来るといわれています。
そして、補助的な診断として睡眠ポリグラフィ検査などの睡眠検査を実施することがあります。

睡眠障害はまず問診。その他検査には睡眠
ポリグラフィ検査、アクティブグラフなど。

検査の詳細はコチラ

沢山ある睡眠障害の治療

まずは日常生活での睡眠環境の改善をおこなうことから始まり、
それでも改善されない場合は薬を使った治療や、薬を使わない行動療法や精神療法などを行います。

1
超音波ドプラ法
多くの患者さんがまずここから始まる。適切な睡眠習慣や環境を整えて、睡眠の改善を図ります。
2
薬物療法
薬物療法で最も多いのが睡眠薬による治療。不眠症には有効な治療として用いられることが多いです。
3
行動療法
薬を使わない治療法の一つ。睡眠制限療法、弛緩療法、自律訓練法など、専門医のもとで行われます。
4
精神療法
沢山の睡眠障害に使用されている治療方法。睡眠への不安や恐怖といった心の問題を軽減していきます。
5
睡眠リズムを修正する治療
昼夜逆転などの睡眠リズムに問題がある患者などに対して、リズムを戻すための治療を行います。

詳しい治療の内容についてはコチラ

睡眠障害の治療や対策

その他知っておきたい睡眠障害のこと

時差ぼけの対策

時差ぼけは病気ではありませんが、ある意味リズムが崩れたことによる睡眠障害かもしれません。旅行での時差ぼけを防ぐための、工夫や対策をご紹介します。

>>詳細はこちら

睡眠時に起こる異常行動

眠っている時に起こる異常行動についてまとめました。睡眠時の異常行動は乳幼児や高齢者に多いと言われています。それぞれの病気の特徴や症状・治療などをご紹介しています。

>>詳細はこちら